最終更新日:2018年07月31日

FAQ TOPページ > FAQ詳細

FAQ番号:3822 | 最終更新日:2018/03/30
(「生涯プレミアム」シリーズをご契約のお客さま)
確定保険金額(生涯プレミアムでは「増加保険金額」)の引き出しには税金がかかるのでしょうか。
確定保険金額(増加保険金額)より払込保険料残額が大きい場合は、課税されません。

たとえば・・・・・・

ご契約事例
商品名:生涯プレミアム・ジャパン
一時払保険料(=基本保険金額):1,000万円
追加率:1.0%
追加額=基本保険金額×追加率=1,000万円×1.0%=10万円



このように、受け取る金額分だけ、一時払保険料から「必要経費として使用できる一時払保険料」を差し引いていく計算となりますので、ご契約の途中で基本保険金額の減額などをされない限り、100年目分の受け取りまでは課税が生じない仕組みです。(101年目以降の受け取り分につきましては、その全額が課税対象額となります)

もし仮に、上記の事例で10年経過後、確定保険金額の受け取り後に解約をされたとしますと、その場合の解約払戻金額(例として953万円とします)に対する課税(一時所得)は以下の通りとなります。

課税一時所得=(解約払戻金額−必要経費−特別控除額)×1/2
     =(9,530,000円−9,000,000円−500,000円)×1/2
     =15,000円

上記の通り、15,000円に対して所得税(一時所得)および住民税が課税されます。

ソルベンシー・マージン比率とは何ですか。
控除証明書はいつ送られますか。
控除証明書が届きましたが、金額欄に「*(アスタリスク)」で表示されていますが申告には利用できますか
「株式会社だいこう証券ビジネス」から個人番号提供書が届きましたが、T&Dフィナンシャル生命保険株式会社から委託されていますか?
個人番号提供書が届きましたが、マイナンバー(個人番号)の提出が必要ですか?
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください