に対して検索する   スペースで区切った言葉を 含む

最終更新日:2024年02月15日

FAQ TOPページ > FAQ詳細

FAQ番号:506 | 最終更新日:2021/08/03

電子納品チェックシステムの鍵ファイルを開くと「暗号化ライブラリー(capicom.dll)が正しく登録させていません チェックシステムを再インストールしてください」と表示されて起動できない

古いバージョンの電子納品チェックシステム(Ver D7.2.0 以前のバージョン)がインストールされている環境で
電子納品チェックシステム Ver D8.0.0 以降用の鍵ファイルを直接開こうとすると、
古いバージョンの電子納品チェックシステムが起動し、鍵ファイルの互換性がないため、起動できません。


◆対処方法
電子納品チェックシステム(Nouhin.exe) を起動し、「参照」ボタンをクリックし、鍵ファイルを選択して開いてください。



電子納品チェックシステム Ver D8.0.0 を入手していない場合は
高速道路総合技術研究所のホームページ http://www.ri-nexco.co.jp/tabid/58/Default.aspx
よりダウンロードしてください。 

 

【電子納品チェックシステムD8以降】起動画面で鍵ファイルを選択すると「鍵ファイル(*.cri)が異常です」というエラーが出てしまい、システムが起動できません。
電子納品の基本的な流れを教えてください。
【電子納品チェックシステムD8以降】起動画面で鍵ファイルを選択すると「鍵ファイル(*.cri)が異常です」というエラーが出てしまい、システムが起動できません。
成果品で、高速道路総合技術研究所に提出する成果品の内容等を教えてください。
このFAQについて、ご意見・ご要望をお聞かせください